keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
現代人がサムライとなるためには
Uncategorized

現代人がサムライとなるためには

現代人が、サムライとなるための心技体をどのようにすれば身につけられるのかについて考えていきましょう。現代人が身につけていく上で、かつての武士や侍がどのようにして備えるべき心技体を身につけていたのかということを考えていくことが非常に重要でしょう。異本的に昔の武士たちは、武家に生まれた時より武士であるこおが当然であり、幼少のころから武芸の稽古に励んでいました。その中で武士として身につけるべき戦いの技術を習得していったのです。このように武芸とはもともと武技を身につけるために行われるものでありました。しかし、武技を鍛錬している中で同時に自らを律しつつ不断の努力を重ねていく精神の鍛錬でもあったため、武士たちにとって彼らが身につけるべき強い心技体を同時に習得していくための最適なh蒲黄方でありました。このようなことから、昔の武士たちにとっては武芸の稽古は武士としての心技体を学ぶ大切なものとして考えられていた推測できます。また、武士がこなっていた武芸の稽古のなかでも特に型稽古という稽古方法は、とても重要な位置をしめていたことが多く、なぜなら、心技体のうち特に重要な「心を育む」ことに関して非常に大きな意味を持っていたからであると考えられます。その理由として、型稽古とは、自分n身体の動きを見つめつつ技や体を向上させていくのと同時にその奥にある心の状態をも深く見つめて成長させていく稽古方式だからです。この型稽古を中心に武芸の鍛錬を積み重ねていく中で、武士たちは自らの心技体をより確かに同時に鍛えて育んでいくことを可能にさせていったのではないかと考えられています。それが、現代においても武道の中でも特に居合道は、基本的に型稽古を専門におこなっているところが多いのでしょう。昔の武士たちと同じ方法で居合道をまなぶことでサムライとして必要な心技体を確実に現代人にもたらす方法であるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です