keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
日本刀と精神
Uncategorized

日本刀と精神

日本刀の稽古では、剣を振るということに、重点を置くのではなくて、剣を振った結果、自分には、どのような影響があるのか、という再帰的な考察をする、ということが、何よりも、重要であるということは、多くの人が、指摘しているわけです。日本刀や、模造刀にも、、心があり、もちろん、自分自身にも心があると、いう、相互の対話が重要になってきているわけです。現代では、インターネットや、メールなどの、発達によって、人と、人とが、顔を合わせなくても、メッセージのやり取りなどで、繋がること、ができるようになってきており、精神性の発達を、十分に、行うことができない、という社会に、なりつつある、ということは、非常に残念なことなわけです。そのような中で、刀と向き合い、自分自身に必要なものは、何か、ということを、常に問いかけていく中で、成長していくということは、このような、かつての社会性を取り戻すことにも、つながるということが、言えるのではないでしょうか 。日本刀と、礼儀は、非常に緊密な結びつきがあり、かつて、武士社会においては、礼儀というものを、日本刀と結びつけて、学んでいた、という事実があることは、多くの人が知らない可能性があります。日本刀を用いた武士道にも、確かな、礼儀があり、稽古が始まりや、終わりに、きちんと作法が存在するということは、知っておく必要があるでしょう。また、人間関係においても、当然で、師匠や弟子など問わずに、無礼なことをせぬように、自然と振る舞いながら、鍛錬を続けるということが、一人前の武士になる近道である、というふうに考えられてきたことは、間違いないと、言えるでしょう。礼儀というものは一日にして成立するものではありませんから、長い目で見ていくことが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です