keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
日本刀の用いられ方
Uncategorized

日本刀の用いられ方

実際に、昔の場合などであれば、合戦や戦などによって日本刀を現実として用いる場面が多かったために、刀を試したりする機会は、非常に多かったというふうに考えられるわけですが、現代において切れ味というものを考えた場合には、いわゆる精神的なものなども含める必要があるのではないでしょうか。昔の話などでは、刀を検証するために死人を切ったなどという物騒な話もでまわったといわれるほど、多くの人が気にしていた問題であったと言われているようですし、現代の人が気になる問題であるだけでなく当時の人にとっても刀の切れ味というものはどうしても試したくて仕方ないものであったという風に言えるかもしれません。刀というものは、その役目を変化させながら、現代まで受け継がれてきたという風に言ってもいいかもしれませんし、現代においては、その重要な役目の一つというのはもっぱらアートとしての役目に、変換されているというふうに考えてしまってもいいかもしれません。最近では、様々な美術館や博物館などで、500年以上も前の刀などが展示されることは、ごくごく一般的なものという風になってきており、刀にどのような歴史があるのかという、そのバックボーンに思いを馳せる人は昔よりも増えてきていると聞いたことがあります。その理由の一つとして挙げられるのは、日本刀を用いたソーシャルゲームや、スマホゲームの登場などによって、若い人が日本刀に関する正しい知識を十分につけることができたからだと私は考えています。そのような、ソーシャルゲームの中では、日本刀の名前を用いた擬人化をするような形で、キャラクターが作成されて、そのキャラクター同士を対戦させることでゲームを進めていくというようなシステムになっているようです。最近では、ある博物館などでは若い人が刀を見に来ることが異常に増えて喜ばしいというような声がインターネットやテレビのニュースなどで聞かれることも多くあり、これは、決して不審なことではなく、おそらく最近流行っているソーシャルゲームなどの影響が強く出ているという風に言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です