keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
文武両道の士「伊東甲子太郎」
Uncategorized

文武両道の士「伊東甲子太郎」

北辰一刀流を極めた文武両道の士などと言われた伊東甲子太郎(いとうかしたろう)は、当初、新撰組でありましたが、分裂し近藤勇暗殺を企てることによって逆に新撰組に謀殺されたようです。新撰組の参謀でもあった伊東甲子太郎は、 新撰組内での活躍を期待されていたのですがその思想との対立によって、倒幕派として新撰組を後にするのです。その後、近藤勇、土方歳三の暗殺計画を企てますが、斎藤一がこの計画に気づくことで、襲撃を受けることになったようです。伊東甲子太郎の遺体は、その場で放置されることによって、遺体収容に駆けつけた同志たちを襲撃するための、おびき寄せる道具として使われたようです。壮絶な最期を迎えた伊東甲子太郎は、享年33年ではありましあたが、幕末の動乱期を駆け抜けました。新選組には、その優れた剣術が見込まれてスカウトを受けたようです。その際には、尊王攘夷派であると説明を受けた新選組が、佐幕派であることから対立し分裂した辞典から、大きく運命の歯車が動き出したとも言えるかもしれません。北辰一刀流の名士であった伊藤甲子太郎であったこその運命であったのかもしれません。王政復古を目の前にした、わずか3週間前の死であったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です