keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
越前国の汎隆
Uncategorized

越前国の汎隆

汎隆というのは、江戸時代前期の越前国の日本刀・新刀の刀工だそうです。初代は康継の門人だそうです。通常見るのは、二代汎隆だそうです。藤兼というのは、江戸時代前期の美濃国の人だそうです。冬廣というのは、江戸時代初期の安芸国の人だそうです。高橋源次兵衛。若狭国小浜から安芸国広島に移住したそうです。芸州冬廣の祖となるそうです。方清というのは、江戸時代前期の長門国の日本刀・新刀の工だそうです。方清初代で、阿武郡萩に住んで、そののちに府中に移ったそうです。正商は江戸時代中期の薩摩国の人だそうです。正清というのは、江戸時代中期の薩摩国の日本刀・新刀の工だそうです。丸田正房の門人だそうです。薩摩藩の抱え工だそうです。一平安代とともに江戸に上って、浜御殿で御前にて打ったそうです。一葉葵紋を賜って、上京して主水正を受領したそうです。吉宗の命令で二尺五寸を超える刀を鍛えるなどして、吉宗の覚えはめでたかったそうです。正次というのは、江戸時代前期の肥前国の人だそうです。境林十郎。伊豫掾宗次の子だそうです。初銘は宗安だそうです。佐賀藩主鍋島勝茂より宗安の名を賜ったそうです。のちに祖父正次の名跡を継承して、伊豫掾二代となったそうです。正照というのは、江戸時代前期の武蔵国の人だそうです。法城寺正弘の高弟だそうです。上京して伊賀守金道二代に入門したそうです。越前守を受領して菊紋を許されるそうです。のちに出羽国秋田に移ったそうです。正俊というのは、江戸時代中期の山城国の人で、濃州兼道の子だそうです。伊賀守金道・和泉守来金道・丹波守吉道の弟だそうです。朝廷の御用を勤めたそうです。越中守を受領したそうです。二代以降は、茎に菊紋を刻するそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です