keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
武士道と現代日本の治安
Uncategorized

武士道と現代日本の治安

「武士道」は封建社会の中で武士たちの特権階級に広まった崇高なる精神でもあり思想でありましたが、時代とともに一般庶民にも彼らの思想が広まっていたことが知られております。現代においても日本びいきとされる外国人たちの多くが、日本人のバックボーンともいえる武士道に惹かれる数多くの海外勢が次々と訪日するに至っているようです。武士たちの生活の中では、日本刀を振り回すような果たし合いなどが行われていたようですが、果たし合いのようなお互いの命を奪い合う状況においても、礼儀をわきまえる日本人の姿に驚きを覚える外国勢もいるようです。現代を生きる日本人たちは、もちろん日本刀などを腰に帯刀はしておりませんが、多くの日本人の心の中には、武士たちが築きあげた心清き崇高なる精神が宿っているのではないかと多くの専門家たちは述べております。心優しく礼儀正しい日本人の姿は、武士道の精神がそのベースとなり現代に至るまでの日本の治安を築きあげたとも言われております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です