keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
「本阿弥家(ほんあみけ)」と刀剣鑑定
Uncategorized

「本阿弥家(ほんあみけ)」と刀剣鑑定

「本阿弥家(ほんあみけ)」は、日本刀に関する鑑定などを主だって行っていた一家であるようです。本阿弥本光を開祖として、室町時代から江戸時代に活躍したとされているようです。刀剣の鑑定がはじったルーツの詳細は明らかにはなっていないようですが、歴史的に行われていた事がらのなかでは、刀剣の切れ味を判定することが主であったとされているようです。そもそも切れない日本刀などを合戦などに帯刀しても、ただのお荷物になってしまうことは明白でもありますから、切れ味の良い刀剣を品定めすることは刀剣鑑定として重要なポイントとなってくるでしょう。室町時代、足利家に仕えていた本阿弥家がはじめであったなどとも言われているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。