keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
日本刀における刀身彫刻の種類と作り方
Uncategorized

日本刀における刀身彫刻の種類と作り方

今では若い世代の間で日本刀が大人気となっており、実際に購入をされる方もいるほどです。美術品としての価値も高いのですが、名刀だと必ず刀身に刀身彫刻をなされているのが特徴となります。簡単にその種類を述べると20種類で構成をされていて、龍や虎といった伝説上の動物をモチーフにされるのが基本です。神秘的なパワーを刀身彫刻に込めており、もともと儀式で使用をされていたころの名残りといえます。刀身彫刻の作り方は、まず最初に鍛錬をして刀を生み出し、その後は彫刻師によって手作業で表面に刻印をします。刻印は力加減が難しく、刀身の強度が下がらない刃先や柄の手前に刀身彫刻をするのが基本です。名工と言われる方の作品は特に価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。