keyboard_arrow_right
Uncategorized
Uncategorized

「本阿弥家(ほんあみけ)」と刀剣鑑定

「本阿弥家(ほんあみけ)」は、日本刀に関する鑑定などを主だって行っていた一家であるようです。本阿弥本光を開祖として、室町時代から江戸時代に活躍したとされているようです。刀剣の鑑定がはじったルーツの詳細は明らかにはなっていないようですが、歴史的に行われていた事がらのなかでは、刀剣の切れ味を判定することが主であったとされているようです。そもそも切れない日本刀などを合戦などに帯刀しても、ただのお荷物になってしまうことは明白でもありますから、切れ味の良い刀剣を品定めすることは刀剣鑑定として重要なポイントとなってくるでしょう。室町時代、足利家に仕えていた本阿弥家がはじめであったなどとも言われているようです。

Uncategorized

相模守政常

相模守政常は、戦国末期から江戸初期の刀工。当初は、美濃国で五代兼常を名乗っていたが、福島正則の招聘により尾張国へ移住した。小牧長久手の戦いの際は、槍百本を作槍した。

相模守を拝領し、銀子と福島正則より正の字を下賜された。以後、正常を名乗り、 後に政常に改名する。作刀は、太刀は言うに及ばず、脇差、薙刀、短刀、槍の多岐にわたる。特に槍作りの名手として高い評価を得ている。

迷信ではあるが、政常の刀剣には物の怪や流行り病を封じるとの噂があり、贈答品として珍重された。江戸期に入り、福島正則亡き後、徳川家康四男・松平忠吉にお抱え鍛冶として仕えた。

初代没後も徳川家庇護のもと作刀を続け、明治初頭、十代政常にまで至る。代表作は、重要刀剣「美濃守藤原政常」、保存刀剣「十文字槍 美濃守藤原政常」「薙刀 相模守藤原政常」など多種に及ぶ。

Uncategorized

郷義弘

郷義弘は、南北朝時代に越中国の刀工である。別名江義弘ともいう。郷の名は、越中松倉城下松倉郷に居住していたこと、もしくは、本姓が大江氏であったことの2説がある。

27歳で夭折したため作刀が極めて少なく、かつ、すべてが無銘である。 「正宗十哲」の一人で、郷義弘、粟田口吉光、五郎正宗の三人を総じて 「天下三作」と称される。

ちなみに、「郷と化け物は見たことがない」のことわざは、郷義弘の本物と化け物は実際に見たことがないことのたとえで、それほどまでに郷義弘の在銘がまれであることから派生したことわざである。 作風は、師であったとされる五郎正宗の「相州伝」の影響を受け、地鉄刃紋 ともに明るく澄んでいる。

本来「北国物」といわれる 北陸地方で制作される刀剣は、地鉄が黒みを帯びている。郷義弘のみがその例に当たらない。その代表作は、国宝「刀 金象嵌銘 天正十三十二日江 本阿弥磨上之(花押)所持稲葉勘右衛門尉」、国宝「刀 無銘義弘」

Uncategorized

和食職人と武士たちのこころ

和食職人たちの包丁技術を垣間見ておりますと、日本人のこころがその道具である和包丁にも、さらには和食の包丁技術にも注がれているように感じるのです。

日本人のこころのよりどころとして日本刀を示す方々もいらっしゃるようですが、実際に本焼き包丁と呼ばれる和包丁には、日本刀を製造する際に用いられていた製法が活かされているようなのです。

日本刀と和包丁の関係性には、共通点がみられるのかもしれません。時として料理人たちは、自分の包丁には魂が込められているなどと言葉にすることもありますが、武士たちが自らの帯刀する刀剣に対する想いにも似たような志しがみられたのかもしれません。

現代と生きる料理人と武士たちの姿がオーバーラップするのは、いったいどのような関係性が秘められているのでしょうか。

Uncategorized

法城寺正弘

法城寺正弘は、江戸初期の刀工。但馬国豊岡の生まれで、相州伝の正統である貞宗の高弟「貞宗三哲」の一人・「但州法城寺派・法城寺国光」の流れを汲むといわれている。

名は滝川三郎太夫と言い、一門を引き連れて出府し、江戸新刀の一派「江戸法城寺派」立ち上げた。江戸新刀の優れた刀工だけではなく政治的手腕も一流であった。多くの刀工を統率し、他派と婚姻関係を結ぶなどで勢力を拡大。

刀剣は言うに及ばず江戸幕府のあらゆる鍛冶作業を一手に独占していたといわれる。江戸での活躍のかたわら、水戸藩二代藩主徳川光圀の招聘を受け、水戸においても作刀した。

作風は、反りが浅く先細りで江戸新刀らしい刀姿をしている。刃文、は互の目乱れ、沸本位の広直刃が特徴である。代表作は、特別保存刀剣「刀 銘 近江守法城寺橘正弘」重要刀剣「刀 銘 (丸に橘紋)近江守法城寺橘正弘(寛文十一年二月日)」などがある。

Uncategorized

大和伝の特徴

「大和伝」は、五箇伝のうち最も古い歴史を持っている。大和は各地の豪族を服属させ束ねて王権を確立させた地である。「大和伝」の特長は、装飾性を省略し、武器としての実用を第一義としている点であろう。

重ねは厚いが重量軽減のため鎬の重ねが薄い。故に鎬が高くなっている。身幅は狭く、切先は小さい。地鉄はまっすぐな柾目肌。刃文は、中沸本位の直刃に互の目の小丁子交じり。

食い違い刃、二重刃、打ちのけ等、柾目肌に沿うような縦方向の働きが多く見られる。帽子に見られる特長は、線状に光る金線、砂流しが見られる。また、「大和伝」の刀剣には無銘が多いのも大きな特長である。

大和の刀匠はいずれかの寺社に属し、所属した寺社に直納したことがその理由といわれている。

Uncategorized

日本刀と鉄づくり

一言で「日本刀」と言いましても、時代時代に作られた名刀たちには、数多くの違いがみられるようです。特に現在では鎌倉時代につくられた作品が数少ない名刀として知られております。

実際に現代におきましても日本刀は美術品として作られておりますが、現在つくられている日本刀づくりは、江戸時代以降に記録として残された製法をもとに生産されているようです。

日本の歴史を振り返るなかでも数ある名刀として知られる鎌倉時代の日本刀づくりは、未だ解明されていない不明瞭な部分が多く、その製法がきちんとした記録という形で残されていないことから、多くの謎に包まれているなどと言われております。

世界に知られる刀剣の数々はどの作品を比較しても、日本刀とは異種とされ、日本刀独自の美しさを兼ね備えた刀剣は、世界中どこを探し周ってもみつけることのできないオリジナルの作品とも言えそうです。

日本刀づくりの謎は、日本独自の「鉄」づくりにあるなどとも言われ、名刀と呼ばれる鎌倉時代の刀工たちが、どのように日本刀に使用する鉄をつくり出していたのかなどが研究が行われているようです。

Uncategorized

助眞拵

日光東照宮に納められた一振りが「日光助眞」である太刀の刀装は家康が好みに合わせて作らせ「助眞拵」と呼ばれている。

黒漆塗りの天正拵の代表作です。作者は備前国の刀工・一文字助眞。当時の執権北条時頼の招聘で相州鎌倉に下向したという。作風は相州風でなく備前風の作が多い。助眞の一門は鎌倉一文字と呼ばれた。

日光助眞は加藤清正から家康に献上され娘と十男頼宣に輿入れしその祝い品として贈られた。しかし幕府は加藤家二代忠広を改駅易、配流した為助眞は贈り損になってしまった。

正宗も持っていた在銘の作のうちの一振り、不動正宗という短刀である。この刀は刀身に不動明王の彫りがあることから、不動正宗と称された。これは後から本阿弥光悦が医師、野間玄琢の祖父に彫らせたと伝えられている。

Uncategorized

太刀と刀

一般的に日本刀と言うと「刀」を思い浮かべますが、実際には「太刀」と「刀」があります。
「刀」は、正式には「打刀」(うちがたな)と言います。
(ここでは、「打刀」と記します)
どちらも大刀(だいとう)で、腰につけて戦いますが、使い方が違うため、作りが違っています。

・太刀
太刀は、腰につり下げて着用します。
そして、この腰につけることを「佩く」(はく)と言います。
これは、太刀は馬上で使用することを前提として作られているからです。
平安時代や鎌倉時代の戦闘は馬上戦が基本で、馬上でも邪魔にならず、抜きやすいように考えられています。
そして、馬上で抜いたときに危なくないように、「刃」が下を向くようになっています。

Uncategorized

使い捨ての兵士と刀

 領地が媒介する形で主従関係を結んでいたのが武士ですから、領地とは無縁の雑兵も中にはいました。

彼らは傭兵ですから、農民や流浪人が務めているのが一般的でした。ですから忠義心は無く、君主に生涯仕えるつもりもなく、盗みを働く者や、敵前逃亡する者は少なくありませんでした。

武将も彼らに期待していたわけではなく、授ける刀も貧弱で質の悪いものでした。「雑兵物語」を読んでも分かるように、刀剣の立派な兵士は武士に限られたのです。

使い捨てと分かっていても傭兵となった彼らの多くは、生活に窮した農民たちでした。戦いに慣れていなくても、生活するためにはやむを得なかったのです。

日本刀の神格化については、時代によってその有様は異なりました。神格化が始まったのは古代で、国史や神道との関連が強い日本刀は、それ以来ずっと崇め奉られました。

江戸時代になると、幕府は一層神格化を推し進めました。戦国時代であれば男は皆帯刀していました。

もちろん刀の質は身分によって異なり、武士は名刀を、庶民は単なる護身具としての刀を所持していました。しかし江戸時代になると、帯刀は武士に限られるようになりました。この影響は、刀の表象にも及びました。

江戸時代に入るまでは「神道」との結びつきだけだったのが、江戸時代以降は「武士道」とも関わり始めたのです。

特に家康と綱吉は、この流れを加速させました。綱吉の治世以降は武士のみの帯刀となり、刀剣に関する作法はより一層格調が求められるようになりました。

家康は剣術に関心を寄せていたことから、流派の達人を重用するなどして、剣術の充実を図ったとされます。